HOME>ホットトピックス>早めに補修工事を行うことで、費用を抑えることが出来ます

目次

7年から10年を過ぎると補修が必要です

屋根の劣化を放置しておくと、雨漏りなどの原因になり、住宅の寿命が短くなる原因になります。注文住宅を建ててから、7年から10年ぐらいを過ぎると、屋根塗装やカバー工法などのリフォームが必要になります。屋根塗装は屋根に塗料を塗るリフォームですが、基礎になっている下地の傷みが少ない場合に行うことが多いです。カバー工法は既存の素材は撤去をせずに、新しい屋根材を被せる方法です。廃材の撤去をする必要がないので、費用を抑えることが出来ます。遮熱性や断熱性を高めることが出来るので、快適に生活が出来るようになります。

カバー工法は費用を抑えることが出来ます

屋根リフォームのカバー工法は、葺き替え工事とは違って廃材の撤去や、処分などに費用が掛からないのがメリットです。どれぐらいの費用なのか知りたい人が多いですが、100万円から、150万円前後です。住宅の形状や屋根の素材によっても、多少は料金が違ってきます。早い段階でリフォームをすることで、葺き替え工事をする必要はありません。屋根塗装のメリットは、塗料を塗ることで家の外観が美しくなりますし、遮熱性などを高めることが出来ます。豊富なカラーが揃っているので、じっくりと比較してから、選ぶと失敗が少ないです。

広告募集中